トップ

AGAと生活習慣

AGAになる人とならない人

AGAは遺伝と男性ホルモン

早い方では20代後半から30代に差し掛かったところで、髪の毛の量が減ってきている、ヘアセットが難しくなってきた、生え際が後退し始めているといった症状が表れる方がいらっしゃいます。こういった方々の症状は、>「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれており、悩んでいらっしゃる方が数多いのが現状です。

実は、AGAには人によってなりやすさに違いがあり、AGAになりやすい人となりにくい人が居ることが最近の研究によって分かってきています。果たして、いったいどのような方がAGAになりやすいのでしょうか。
AGAのなりやすさが決まる要因として挙げられるのは、主に「遺伝的要因」と「男性ホルモンの量」の2つです。

「遺伝的要因」に関しては、親が薄毛であるために自分も薄毛になってしまうといった単純なものではなく、体内で生成された男性ホルモンが「男性ホルモン受容体」と呼ばれるものと結びつきやすいか否かという部分で決まるものとなっています。

男性ホルモンが男性ホルモン受容体と結びつくと、抜け毛因子である「TGF‐β」という物質が新たに生成されることとなり、この物質が頭髪に働きかけることで髪が抜けて行ってしまうのです。

さらに、もうひとつ抜け毛因子・TGF‐βを作り出す物質が「5α‐リダクターゼ」であり、この物質の分泌量も生まれつき決まっていることから、この物質が生まれつき多く生成される方は抜け毛が増えやすいと言えます。
これらの要因に加えて、さらに男性ホルモンの量が多くなると、抜け毛因子・TGF‐βの分泌量には拍車がかかることになり、抜け毛がさらに増えてしまうこととなります。

男性ホルモンの量が多く、5α‐リダクターゼの分泌量が生まれつき多く、男性ホルモンが男性ホルモン受容体と結びつきやすい方は、抜け毛が進行しやすい体質であると言えるでしょう。こういった方は、なるべく早めにAGAの対策を行っておく必要があると言えます。

Copyright © AGAになる人とならない人. All rights reserved.